about

PLOWS プラウズ

プラウは耕すという意味です。農業を母体として新しい事業展開を開拓して行けるように鍬をシンボルとしています。通常では会いまみれない事業を同時に行う事により農業に興味を持って頂けるよう努めて行きます。

代表挨拶

 

代表取締役 菊地信吾 

 都内の経営学部を卒業後、服飾資材の専門商社へ入社その後エスペランサ靴学院入学社。卒業後、婦人靴企画・靴型装具制作者を経て独立。都内での活動を終え地元岩手に戻り11代目の農家として農業の道へ。農業と革製品の製造販売を行う前身のPLOWSを立ち上げる。

​ 2020年3月 株式会社 プラウズを創業

 現在農業は高齢化が進み先行きが不安な状態が続いています。地方から都内への流入が増え農業担い手も減少傾向にあります。

      生まれ育った景色を変える事なく後世に繋げて行きたい。

 それが私の願いです。若い人が安心して農業を行える環境を整えて行く事が私の使命であると考えています。それに加え社員個々のスキルを最大限に引きだせるよう新しい事業展開を模索して行きたいと考えています。

      私の故郷が誰かの故郷になるよう日々努力をして行きます。

​メルマガ登録フォーム

ご登録頂くと当社の最新情報をメールでお送り致します。

©2020 by PLOWS CO. LTD.